脳梗塞で倒れる前にしっかりチェック【症状に気づいて早期治療】

脳

脳の血管の奇形

検査

脳に運ばれていった血液は、脳動脈→毛細血管→脳静脈の順番で流れていきます。心臓から送り出された血液には強い圧力がかかっています。動脈壁はその圧力に耐えられるだけの強度を持っていますが、静脈壁は脆弱であるため、その圧力を直接受けると破れてしまう可能性が高いです。でも、間に毛細血管が挟まることで圧力が分散され、静脈の破綻を免れることができています。しかし、先天的にこの毛細血管が作られず、異常な血管で動脈と静脈が直接つながれてしまっている人がたまにいます。この状態を脳動静脈奇形と呼ぶのですが、普段はほとんど無症状なので、何かのきっかけがない限り脳動静脈奇形であることがわからないことが多いです。そのため、突然脳内出血が発生して死亡してしまうケースが時折あります。この脳動静脈奇形を早期に発見することは非常に難しいのですが、痙攣など気になる症状がある場合は、精密検査を受けてみることをおすすめします。

突然脳内出血を起こしたり、痙攣発作を頻発するために精密検査を受けてみた結果、脳動静脈奇形があることが判明するケースが多いです。CTスキャンやMRI検査で脳動静脈奇形が発見されることがありますが、より正確な診断を下すためにはカテーテルによる脳血管造影を行う必要があります。残念ながら、脳動静脈奇形そのものを薬で治すことはできません。そのため、治療は外科手術が中心になっています。ただし、抗痙攣剤の投与も一緒に行われることが多いです。脳の内部に脳動静脈奇形が存在している限り、常に出血する可能性があることになりますので、脳動静脈奇形を摘出する開頭手術を受けることが一番理想的な治療になります。ただし、リスクが高い方法であるため、ガンマナイフ治療やカテーテルによる塞栓術が採用されるケースも多いです。もちろん、手術適応があって初めて可能になる方法ですが、今後はガンマナイフ治療やカテーテルによる塞栓術などの低侵襲手術が主流になっていくだろうと予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞で倒れる前にしっかりチェック【症状に気づいて早期治療】 All Rights Reserved.