脳梗塞で倒れる前にしっかりチェック【症状に気づいて早期治療】

脳

血管の検査を受けましょう

血管の病気の一つです

看護師

無数の血管は私たちの体の隅々にまで張り巡らされています。血管の中には血液が流れ、細胞が必要としている栄養素や酸素などを届けながら体の中を巡っています。血管は脳にもあります。脳は血液から必要な栄養や酸素を受け取り、代わりに不要となった老廃物を血液に渡すことで活動を維持しています。その大切な役割を果たす血管に異常が生じる病気の一つに脳動静脈奇形と呼ばれる病気があります。脳動静脈奇形とは脳にある動脈と静脈が一塊となる血管の奇形です。脳動静脈奇形となった血管には大量の血液が流れ込むため非常に破れやすく、しばしば脳内出血やてんかん発作などの原因となります。脳動静脈奇形は年齢とともに増加する傾向にあることが知られていますが、今もって脳動静脈奇形の原因はわかっていません。

いくつかの症状があります

脳動静脈奇形を原因とする症状で最も頻繁にみられるのが脳内出血です。脳内出血となると脳内に血液が充満してしまうため言語障害や片麻痺、視野障害、感覚障害などの症状が現れます。前駆症状として頭痛や嘔吐などがみられますが、くも膜下出血などほかの病気との区別がつきにくいため慎重に診断が行われます。脳動静脈奇形が疑われた場合には造影剤を使用したCTや頭部MRIなどの検査を行います。脳動静脈奇形の治療は外科手術による摘出が一般的となっています。ただ大きさや場所によっては手術ではなくガンマナイフによる放射線治療や血管内治療による塞栓術などにより治療を行うことになります。脳動静脈奇形では早期に治療を行うことが大切です。症状に気が付いたときは神経内科や脳神経外科で診察を受けるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞で倒れる前にしっかりチェック【症状に気づいて早期治療】 All Rights Reserved.