脳梗塞で倒れる前にしっかりチェック【症状に気づいて早期治療】

脳

突然発症する怖い病気

原因である高血圧を治す

男性医師

脳梗塞の怖いところは突然起こることです。起こってしまってからでは手遅れなのです。そのためには起こらないように注意することが大切です。脳梗塞を引き起こす一番の原因は高血圧です。ですから高血圧にならないように注意することが予防になるわけです。その他にも、高脂血症や糖尿病にかかっている人も脳梗塞になる確率は高いです。そのような病気に罹っている人はすでに医師の処方の元で治療しているはずですから、ある程度の予防はできているのです。ただし高血圧というのは一般的に病気だとは認識されていないため、油断している人が非常に多いのです。だからこそ注意が必要なのです。症状がないので切羽詰まった考え方をする人はいませんが、放置しておくと脳梗塞にかかる確率が高いのは確かなのです。

朝と夏に発症するのが特徴

脳梗塞を引き起こす要因は高血圧です。高血圧の特徴は、塩分の取りすぎ、暴飲暴食などの日常生活によって起こるものです。脳梗塞を起こさないようにするには、普段の食生活を見直すことが重要なのです。それでも改善の兆候がない場合は、医師の治療を受けて降圧剤を飲む必要があります。また脳梗塞は朝、目が覚めた時に起こることが多いのも特徴です。起きた時に手足がしびれて動かしにくいとか、ろれつが回らないなどの症状が出たら、すぐに病院へいくべきです。夏に発症するケースが多いのも脳梗塞の特徴です。夏は暑いので汗をかきます。十分な水分補給をしないと脱水症状になり血液がドロドロになるのです。それによって血管が詰まり、発症するわけです。夏は水分補給がとても大事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © 2015 脳梗塞で倒れる前にしっかりチェック【症状に気づいて早期治療】 All Rights Reserved.